意思疎通しやすい | 家事をもっとラクにする方法!家事代行どこに頼む?

選ぶ際のポイントとは

マネージャーがいること

効率良く意思疎通ができるように

最近は、家事代行をするスタッフとこちらを直接結びつけるシステムの業者が登場しています。
その方法だと手軽に感じますが、スタッフと意思疎通がなかなかうまくいかず、トラブルが起こるかもしれません。
そうならないように、マネージャーを仲介することをおすすめします。
ですから、マネージャーがいる業者を選んでください。

気になることがあってもスタッフに言わず、マネージャーに連絡しましょう。
また自分とスタッフとの間でトラブルが起こってしまった時も、マネージャーを仲介しながら話し合ってください。
直接スタッフと話し合うと、お互いがヒートアップして話し合いが終わらない可能性があります。
マネージャーを通して、冷静に話し合いましょう。

親身になってくれる

家事代行を契約した後も、こまめに連絡をしてくれるマネージャーだと信頼できます。
中には全く連絡をしなくなるマネージャーがいますが、それでは放置されているようで不安ですし、家事代行を行うスタッフのモチベーションも下がります。
結果的に仕事の品質も下がるので、頻繁に訪問したり、連絡をしたりしてくれるマネージャーを見つけてください。

またマネージャーが、親身に相談に応じてくれるのか確かめましょう。
こちらの意見を伝え、ふさわしいスタッフを紹介してもらうと良いですね。
それぞれの人によって料理を代行してもらいたかったり、掃除をしてもらいたかったりと希望が異なります。
要望に的確に対応してくれるマネージャーに、相談してください。


この記事をシェアする